定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第22巻08号

月刊

臨床精神薬理 第22巻08号

2019年08月

《今月の特集:精神疾患の寛解・回復後,症状消失後の治療ストラテジー》
精神疾患の症状が回復したあと向精神薬をどのように減量・中止するか、再考する特集!!

薬物療法を継続中の患者の症状がほぼ寛解した後の、向精神薬の減量・中止を行う際の留意点について、統合失調症、うつ病、双極性気分障害、強迫症、パニック症、不眠症、てんかん、認知症、ADHD、それぞれの専門家が解説した。

ISBN:978-4-7911-5262-9



こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋


【展望】
  • 向精神薬の長期投与を巡る論争と減薬・断薬のリスクとベネフィット
    田島 治
【特集】精神疾患の寛解・回復後,症状消失後の治療ストラテジー
  • 統合失調症患者の寛解,回復後の薬物療法と減量・中断の試み
    助川 鶴平
  • うつ病の寛解・回復後の治療:再発予防に向けた薬物維持療法と減薬・休薬の基準
    近藤 毅
  • 双極性気分障害の寛解・回復後の治療:薬物維持療法と減薬・休薬の基準
    大串 祐馬,川嵜 弘詔
  • 強迫症の寛解を目指した治療と維持療法,治療終結
    原井 宏明
  • パニック症:パニック発作消失後の薬物療法の進め方と治療終結の基準
    貝谷 久宣
  • 不眠症改善後の睡眠薬の使い方・減らし方・やめ方
    竹島 正浩,三島 和夫
  • てんかん発作消失後の抗てんかん薬の治療終結についての考え方
    川口 典彦,井上 有史
  • 抗認知症薬の減量・中止基準──抗認知症薬はいつまで使い続けるべきか?
    中村 祐
  • ADHD診療における回復後の薬物維持療法と減薬・休薬の基準
    飯野 彰人,野村 健介

原著論文

  • 慢性期統合失調症入院患者の口腔保健状態と抗精神病薬およびbiperiden内服状況との関係:歯科を有する単科精神科病院における横断的調査
    黒川亜里紗,安原 由子,飯藤 大和 他

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込
PierOnline

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.