定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 精神科治療学バックナンバー > 第32巻03号

月刊

精神科治療学 第32巻03号

2017年03月

今月の特集:強迫症の理解と治療の新たな展開 I
強迫症(OCD)・強迫症状を伴う精神障害は、臨床現場で対応がむずかしい。病態解明が進み、治療の効果もあらわれている。本特集では2号にわたり、OCDとその関連症群の基本的な理解から診断・治療に至るまで、OCDのすべてを網羅した。今号ではOCDの概念と診断基準の変遷、コモビディティ、ためこみ症、身体醜形障害、抜毛症と皮膚むしり症、チック関連OCD、薬物の有効性、OCD研究の今後などについて取り上げた。OCD治療に関わる精神科医療関係者必読の特集。

JANコード:4910156070375



精神科治療学は最寄りの書店様にご注文いただくか、弊社営業部(TEL 03-3329-0031)までお問い合わせください。



  • 特集にあたって
    松永寿人
  • 強迫性障害(強迫症)の概念と診断基準の変遷─DSM-5を中心として─
    多賀千明
  • 強迫症状やコモビディティ(comorbidity)の特徴と臨床的意義─symptom dimension を含めて─
    松永寿人,向井馨一郎,中嶋章浩
  • 子どもの強迫症
    小平雅基
  • DSM─5の強迫関連症群の概要と臨床的意義─ためこみ症を中心に─
    中尾智博
  • 身体醜形障害の臨床特徴と診断─統合失調症との相違とは─
    松井徳造,松永寿人
  • 抜毛症と皮膚むしり症─身体集中反復行動症について─
    成瀬栄一
  • チック関連強迫症について─チック症を併発する強迫症の特徴─
    金生由紀子
  • 自閉スペクトラム症を併存する強迫症への対応
    中川彰子
  • 強迫症とうつ病
    前林憲誠
  • 不安症群と強迫症との関係性
    塩入俊樹,加藤佳悟
  • 強迫性(compulsivity)の拡がりと連続性─脳内機序との関連から─
    中前 貴
  • 強迫症の認知機能─その特性と臨床的意義─
    木村里子
  • 強迫症の脳内メカニズム─最近の画像所見を中心に─
    阿部能成
  • 強迫症の神経科学─動物モデルからみた薬物療法の有効性─
    森信 繁
  • 強迫症のエンドフェノタイプ研究─遺伝子・脳画像の知見から─
    豊見山泰史,中尾智博
  • 強迫症研究のこれから─translational research の可能性について─
    酒井雄希,田中謙二

研究報告

  • うつ病患者の受療行動の変化および内科開業医のうつ状態・うつ病に対する意識についての調査
    松原敏郎,松田敦子,松尾幸治 他

臨床経験

  • 市販カフェイン錠剤による急性カフェイン中毒の一例
    安田 学,井上 俊,太田 真 他

カレント・トピックス

  • Research Domain Criteria(RDoC)とその実践─認知機能障害について─
    橋本亮太

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.