定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)精神病理 > 精神科臨床の自由

精神科臨床の自由

記述・暦・病跡学

精神科臨床の自由
目次・本文閲覧
著者のライフワークである「記述」、および「暦時間」構造について論じた著。オノマトペや共有時空間に注目した音楽療法士へのインタビュー、正岡子規や岡本太郎の作品を通じた臨床論、さらに総論を展開することで深く「記述」について掘り下げる。また既存の時間論から脱却し、生活感覚・臨床感覚に根差した「暦時間」構造を見出した著者は、独自のスタイルで現実の人物を読み解き、より豊かな臨床の理解を目指す。長年の臨床と研究の果てに改めて回帰した著者自身の原点と、新たに発見した視点とを包括し、著者ならではの自由な筆致で記した一冊。
杉林稔
本体価格 2,700 円 + 税 四六判 上製 352頁
ISBN978-4-7911-1049-0〔2020〕

こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

Contents
第Ⅰ部 記述する
音楽療法士がきりひらく時空間/正岡子規の「写生」と精神科臨床における記述/太陽の塔と精神科臨床―緊張病性エレメントを超えて―/健康診断にやってくる身体
第Ⅱ部 記述をつかまえる
臨床が記述を生み記述が臨床を生む/精神科臨床における記述の本領/記述によって開かれる精神療法の展開点/精神症状の「記述」ということ/精神科臨床のツーリズム化と記述の転変
第Ⅲ部 暦をつかまえる
アプド・フェストゥムとしての暦時間/患者の歴史を巡って 歴史フェストゥム論と暦時間/庄野潤三のサルトグラフィ/統合失調症の健康生成を考える
第Ⅳ部 エッセイ
愛好する精神/少し異なる色あいの糸/見学者の作法と「書く」作法/白い空と白い紙:松本雅彦先生をしのんで

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

精神病理

本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.