定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 > 臨床精神薬理最新号

月刊

臨床精神薬理 第27巻07号最新号

2024年07月

《今月の特集:病態生理仮説が切り開くうつ病治療の未来》
うつ病発症の生物学的な病態生理仮説について最新の知見を紹介する特集

うつ病発症の生物学的な病態生理仮説(モノアミン仮説、ミトコンドリア仮説、ミクログリア仮説、ECTに関連する神経回路仮説、神経可塑性仮説、時間生物学的仮説、腸-脳相互作用仮説、神経炎症仮説、遺伝子多型仮説、BDNF機能障害仮説)について最新の知見を紹介し、これらの仮説に基づいて発症していると考えられるうつ病に対する治療的アプローチについて第一線の専門家が解説した特集。

ISBN:978-4-7911-5321-3


こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋
【展望】
  • 生物学的な病態生理仮説を活かしたうつ病治療の可能性
    吉村 玲児
【特集】病態生理仮説が切り開くうつ病治療の未来
  • 抗うつ薬の開発とその作用機序解明から生まれた新規抗うつ薬の開発の輪廻
    村﨑 光邦
  • うつ病におけるミトコンドリア機能異常
    寺西 正樹,立花 昌子,伊藤美佳子 他
  • うつ病・自殺のミクログリア仮説:リバーストランスレーショナル研究による解明
    加藤 隆弘
  • ECTの作用機序へのアストロサイトの関与とその背景に存在する分子メカニズムの検討
    朴  秀賢,都 剛太朗,梶谷 直人 他
  • rTMS療法の未来
    垂石 七星,松田 勇紀,鬼頭 伸輔
  • 気分障害の生体リズム異常と時間生物学的治療
    鈴木 正泰
  • 脳腸相関から見たうつ病
    須藤 信行
  • うつ病の病態における神経炎症仮説
    岩田 正明
  • うつ病の病態生理——ゲノム医科学の視点から
    池田 匡志,古川佐和子,長崎由佳子 他
  • うつ病の脳由来神経栄養因子(BDNF)機能障害仮説
    功刀  浩

シリーズ


 臨床に役立つ基礎薬理学の用語解説
 第57回

  • ニューロリハビリテーションの精神神経疾患への応用
    伊藤 英明,佐伯  覚

症例報告

  • 他院処方薬の併用によって好中球減少症になりclozapineを中止した治療抵抗性統合失調症の1症例
    丸山 智大,岩澤 恭介,小澤 千紗 他

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
本誌へ投稿を希望される先生方へ
第27巻8号予告
コンサルテーション・リエゾンにおける精神科薬物療法の役割と留意点・・・・・明智龍男
リエゾン・コンサルテーションにおける精神科薬物療法
第27巻9号予告
我が国における治験(臨床試験)の状況と精神科領域の特性・・・・・中林哲夫
精神科領域における治験(臨床試験)
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.